《身体全体に広がる力のネットワークの秘密》

 

 膝が痛い、腰が痛い、肩が痛い、背中が痛い。首が痛い、胸が痛い、頭が痛い、腕が痛い、指が痛い、足が痛い、股関節が痛い、生理痛がひどい、ニキビが治らない、手足がしびれる、下半身だけが太い、どんなダイエット法でも痩せない・・・・など身体の悩みは尽き果てることはありません。

 私どもシモザワ整体にも、色んな悩みを抱えて訪れてきます。シモザワ整体では身体に起きた様々な症状に対し、独自のアプローチで原因を探ったり分析したりします。

 一般的に、手技療法と言いますと主に指圧したり、揉んだり、マッサージやポキパキと関節を鳴らしたりしますね。そしてその技の目的は『身体のコリや疲労物質を取り除く』が目的であったり、『身体の歪みを取り除く』正常化させると言われていたり、思われていたりします。

 では、ひどい肩こりの人で、逆に肩をもむと体調が悪くなる人の場合は、どのような説明が成り立つのでしょう。特にひどい肩こり症状の方に多い事象ですね。実は、肩こりに対して原因はコリだとか、疲労物質の問題、歪みなどと単純な解釈では対応出来ないのです。

 

 身体の問題で、あまり知られていなかったり、重要視されていないメカニズムとして『力のネットワーク』について、考える必要があります。最近NHKの番組で、筋膜の異常とその内側の筋肉の関係を説明した健康番組がありました。身体の内部の力について着目したテーマでした。しかし、身体の内部ではもっともっと複雑な力のメカニズムが、たくさん関わっています。それはまさに『力のネットワークの秘密』といえるものでしょう。身体の痛みや問題の中でも解決が難しい多くのケースで、身体の力のネットワークに異常を発生させております。

 身体の不快な症状を生み出す本当の発生原因が、この身体の力のシステムにあるといえるかも知れません。例えば、シモザワ整体では肩こり症状の人に、全く肩を揉んだり押したりせずに、コリ症状を解消することが出来ます。

 利用者の方に、幾らこのメカニズムを説明をしても、『肩こり=コリ物質』との、理解が常識化していては無理も無いことです。

 肩コリのコリ物質は、身体の化学反応の問題であり、力のネットワークの問題は、力学的反応の問題といえます。

 シモザワ整体では、身体に張り巡らされた力のネットワークの問題解析を得意とした整体法です。整体やカイロ技術におけるアジャストとか、調整といわれる危険なパキポキを必要とせずに、自由により正確な調整が可能となります。

 力のネットワークを正常化をさせるには、正しい身体のメカニズムの、力学的な理解と的確な操作技術が必要になります。

 

 

                                ~つづく