シモザワ整体と他の施術の違い

 体に痛みがある時、痛みのある付近の筋肉を押したり、マッサージをしたり、揉みほぐしたりと痛みの患部付近にアプローチするのが一般的な施術です。お客様は肩や腰などと、自分の癒されたい部分や痛みの部分を十分に押したり、擦ったり、揉みほぐされることで、その心地良さや施術を受けている実感に満足していきます。

 体の問題がある程度軽いうちは、この施術方法でも問題はありませんが、体の問題の原因がより深くなりますと、この施術方法では逆効果になる方も出てきます。この逆効果になる方も、本当の問題はすぐには自覚できるかたちで出てくる訳ではありません。徐々に体は変化を成していき、最終的には一般的な手技では心地良ささえも感じなくなります。しかし、その段階でも、以前に気持ち良かった記憶がありますから、その気持ち良さを求めて更に効果の無い施術を続け、問題の原因や体の状態をより悪くしていきます。

 

 シモザワ整体では、痛みの患部や患部付近を直接的にアプローチすることはありません。確かに、患部付近を揉みほぐしますと、いつまでも気持ち良さが続きますから、この施術方法をとりますと施術院の人気はとても高くなります。つまり、利用者の評価が高くなり、商売的には大成功となります。

 では、お客様の体の問題はどうなるかといいますと、多くの場合で現状維持の状態が続きます。ですから、気持ち良さを求めて再び施術を受け続けることになります。 しかし、先ほども記載しましたが、この施術方法では問題の核心や、問題のメカニズムそのものにアプローチする技術ではなく、気持良さを重点的に求める技術ですから、この手法で問題が解決する人は、体の問題としては初期段階の方と言えます。

 

 シモザワ整体では、「体の痛み」とは体の一つのメカニズムと考えます。つまり、痛みを出すこの状態は、正常な体の状態に対して異常な体の状態にあると考えるのです。つまり、異常な体の状態とは、痛みを作り出す体のメカニズムがあり、そのメカニズムは正常な状態と何らかの違いが必ず存在します。つまり、痛みを作り出す異常な体のメカニズムを正しく解析することで、初めて問題の核心に触れていきます。ですから、単純に体を押したり擦ったり、揉みほぐしたりする技術では、私どもを利用されるお客様の体には何の効果もありません。むしろ、痛みの症状が悪化することが容易に予測できます。

 

 お客様がシモザワ整体にたどり着く方法は、今現在は偶然のたまものか、紹介のつてしか無いようです。例えば、激しい腰痛の中には、通常の一般的な施術方法が逆効果の領域まで変化している方が多いようです。私どもの整体院にたどり着くまでのお話を聞きますと、いつも口が開いてしまいます。なぜかと言いますと、その方法ではその方の腰痛が治る可能性が皆無と判断できるからです。治る可能性を問うより、むしろ「拷問ではないのか」という思いさえ広がってしまいます。

 このような経験を経てシモザワ整体にたどり着いた方に、私が施術を行いますと当初は決まって物足りなさを感じます。何故かというと、他の治療院のように痛い部分には全く手を触れず、体全体から痛みを出している腰部に、圧迫の力が加わらないように体全体のバランスを整えていきます。この体全体のバランスを整える為には、このお客様の腰部の痛みを引き起こす、体じゅうの力の伝達方向を確認していきます。力の伝達方向を問題にする施術院は、シモザワ整体オリジナルの考え方と予測できます。つまり、日本全国を探しても、この考え方はとても少ないのではないでしょうか。

 一般的に背骨や骨盤の歪みを問題にしたり、体全体の歪みやゆがみといったような表現で、体の問題を言い表すことがありますが、その歪みを作り出す基の考え方はとても乏しいと言えます。一般的には体の歪みやゆがみの原因は、体の使い方に問題があったと言われるのでしょう。しかし、体の使い方の何が問題で歪みやゆがみを引き起こすかまでは、具体的に考えられることは私もあまり聞いたことがありませんでした。

 シモザワ整体では、体の歪みやゆがみの原因は、筋肉と骨格の関係に於ける力の伝達上の問題、もしくはその構造的な体の力の使い方に於ける体の構造力学的な問題と認識しています。ですから、そのメカニズムの中心は「体に於ける力の伝達と体の変化の問題」と言えますから、力の伝達と体の変化に関わる数多くのメカニズムの理解と、その理論に基づいた適格な手の操作が大切とシモザワ整体では言えます。