院長室

シモザワ整体療法研究室

院長:下澤正幸 

         ブログhttp://ameblo.jp/shimozawaseitai/

 

慧真導気功術代表・シモザワ整体療法研究室代表

 人間の潜在意識と行動を長年探り続ける。

20代より研究していた手技療法を基に2000年よりシモザワ整体療法研究室を開設。

 翌年、長年の実践心理学や実践精神世界の研究を基礎に本格的外気功の世界を独自で開発に成功し、より革新的な能力開発を目指す事を目的とした慧真導気功術を創設する。

 また同時に、整体の分野においては、整体師としては初めて身体の力学的影響に注目し、シモザワ整体力学療法を開発し技術的確立をする。

 シモザワ整体力学療法は、身体の原因不明の問題にも本格的な解析を可能とし、数多くの成果をあげており、北海道外の利用者も多い。

 気功の分野においても既成の考えに縛られることなく、潜在意識の具体的な解明とコントロールという、まったく新たな発想で気の操作を可能にした。気の解明されていなかった数多くのメカニズムを発見し、独創的な進化を続ける。

 

身体と相対性理論

 

 皆さんは相対性理論と聞くと、どんなことを思い浮かべますか? 一番多いのは天才物理学者アインシュタイン博士の「特殊相対性理論」と言う言葉が、頭に浮かぶのではないでしょうか。

 最近、物理学で有名なイギリスのスティーブン・ホーキング博士が亡くなったという話を聞いて、改めて相対性理論とは何か調べてみました。

 すると、E=mc2という公式が出てきました。Eとはエネルギー、mとは質量、cとは光、だそうです。つまり、光という定数のもとに、エネルギーと質量の関係が一致していることを意味していました。素人ながら、この公式にとても驚きを感じたのです。人間の身体の中にも、この宇宙の相対性理論に該当するものが存在している。

 私は常日頃、人間の身体には相対的な関係が存在していると感じていました。簡単なところでは、右腕と左腕の関係、右足と左足の関係、少し難しくなって腕と足の関係、もう少し難しくなって頚椎と骨盤や足の変異の関係、背骨の歪みと腕の歪みの関係、背骨の歪みと両足の歪みの関係、背骨と骨盤と両腕、両足の相対関係、内臓と骨格の相対関係、挙げていくといくらでもあります。

 一番私の整体術に関係するのが、歪み=エネルギーだということです。身体の痛み=身体の相対的なメカニズムの歪みであり、その相対的な歪みを解消することによって、身体の痛みを無くすることができる。

 

 簡単にお話しましたが、身体の歪みとは、身体の物理学的な相対性におけるエネルギーの変化(変異)による各種機能不全が、身体の問題の原因と言えそうなのです。なぜなら、私はいろいろな身体の問題を昔からこの考え方で対応してきたからです。

 この理論に当てはめると、身体の問題はとてもわかりやすくなります。この理論の考え方を「シモザワ整体力学療法」といい、そのエキスの一部を「タッチの極み」という書籍で紹介し続けております。

 

 「よくわからない?」そういう方は、中学校の理科の教科書を開いてみましょう。そこにエネルギーのことを教えている項目があるはずです。そこにいろいろなエネルギーの法則が出てきますね。それだけをしっかり理解すれば、身体の物理学はE=mc2の公式で十分理解できるはずですよ。

 

 身体における物理学の研究こそ、未来の医学を切り開いていくと深く信じている名も無い整体師です。

 

 

                             2018.5.15 代筆 祐川

手技療法と医学

 

 手技療法は本当に効果があるのでしょうか。その解答は明確です。ですが科学的に考えますと、かなり難しいことになります。

 

 人間にはいろいろな感覚があります。私の手技療法の世界は、感覚が一つの柱です。つまり、身体にとって「良い状態と悪い状態の差」を見つける。人間の身体には、数多くの段階的な問題があり、段階ごとの違いというものがあります。つまり段階ごとの違いは、違いを受け止めたり、感じ取ったり、理解したりする能力が無ければ、まったく分かりません。

 

 例えば、お腹が痛くて痛みを訴える時、人間の身体の外観的な違いを問題にする人はおりませんね。まして、その違いが身体の外観に表れていることを知る人はおりません。医学の世界では、身体の状態に対する症状の訴えは、それほど重視されません。血液検査などの身体の各種検査の数値をもって判断していきます。数値の判断ですから、基本的に間違うことはないと、誰もが信じ込んでおります。

 しかし身体には必ず個人差というものが存在しています。また、身体を取り扱う環境の違いというものもあります。そう考えていくと、人間の身体環境を取り巻く条件の違いは、数え切れないほどあります。その違いを医学的な検査が、どれほど正確に把握しているのかと言いますと、誰も正確な解答を見つけ出すことは不可能な話になります。

 医学の基本は、薬学という身体における化学が中心です。驚くことに、医学において、物理学的な考えはほとんど進化しておりません。

 手技療法の多くは、基本的には身体における物理的な変化に対応する技術です。残念ながら言葉を持って、解剖学的な研究や、病理学的な研究がなされてきている訳ではありません。なぜか。その答えは簡単です。商売的に儲からないからです。商売的にもっともっと儲かれば、手技療法の科学的な進化はより進んでいくことでしょう。

 

 整体などの手技療法の現場では、いろんな病院に行っても治らなかった身体の問題が、簡単にに解消されることは少なくありません。そんな時、簡単な手技で身体の問題が改善したので、「もともと身体の問題はとても浅いか、簡単な問題だったのだろう」と皆が思ってしまいます。

 しかし、よく考えてみて下さい。そんな簡単な身体の問題が、なぜ、身体の最新科学である医学をもってして解決できないのでしょうか。不思議ではありませんか? しかしそんな事例はしょちゅうあります。しょっちゅうあるというより、ほとんどかもしれません。それはなぜなのか。

 

 医学が身体の物理学的な研究をしていないからなのです。ですから、手技療法で発見された身体のあらゆるメカニズムは、世間的に脚光を浴びることはありません。

 

 「分かるとはできるということです。できないとは、知らないということです。治せないとは、できないということです。できないとは、何も知らないということなのです。」

 何も知らない科学をいくら並べても、身体の問題は解決しないことはたくさんあります。しかし、言葉での研究が科学的なアプローチを経ていないとしても、できることはできるのです。

 なぜできるのか。それが「経験」なのです。では経験とはなにか。

 私が今言えることは、「経験とは違いの科学である」ということです。違いの科学とは、「感覚の違いの科学」なのです。

 

 日々の実践、実証の中に、違いの科学は存在しています。違いは初期段階においては、とても大雑把な認識しかできません。そこからさらに深い感覚を認知するためには、言葉による理解が必要となってきます。言葉の理解が始まった時に、科学は始まってきます。

 人間の身体の問題は段階的な状態があり、段階的な状態は、段階的な変化が存在しています。つまり、身体のどの段階まで壊しているのかによって、物理的なアプローチも変わってくるのです。その一番大切な判断は、身体の感覚的な違いの発見能力とその理解にあります。優れた手技療法とは、実は、とても科学的なのです。

 

 身体の問題は必ず解決する。

 

                               2018.5. 14

究極の美容技術のノウハウは奇跡の若返り技術であることを発見しました!

 体重の減量を目指すダイエットが盛んですが、実は間違いだらけ。そんなダイエット法を使ったら、いずれあとから泣きをみますよ。という技術が堂々と歩き続けている。

 特に女性を対象としたダイエット方法としては、適切ではない。それでは老化が進むし、リバウンドも激しいはずだ。最悪の場合、体を壊してしまう。そんなダイエット法にシモザワ整体はチャレンジを始めた。いずれその成果は書籍で発表します。

 【シモザワ式美容整体2018】が今研究が進んでおります。

 

◎書籍 タッチの極み シリーズ 筆者のコメント

 タッチの極みという本を書きました。このシリーズの書籍は、一般の書籍とはかなり異なる工夫がたくさんされております。

 その基本的な工夫は、「読むだけでも実力が増加してくる」という仕掛けがしてあります。文章に慣れた方々が表面的に読んでも理解できることはありません。

 なぜなら、この書籍の目的は、あくまで「タッチの極み」というテーマにおいて実力を向上させることが目的だからです。

 例えば、マッサージなどのお仕事についている方々が、タッチの極みシリーズ1である「タッチの極み~心地よい触り方」を読んだ結果、次の日から「なぜかお客様から突然褒められ始めた」ということが起こったのです。本当に突然なのです。

 実はこれらの出来事は、私は最初から計画しておりました。

 それは、書籍の文章の中に自然と人の能力を向上させる(タッチ技術)本格的な外気功の指導技術を取り込んであるのです。

 この書籍はあくまでタッチ技術に自信のない方をはじめ、自分の技術を向上させたいという方々にターゲットをしぼって内容が厳選されていますので、人生に自信をもっている方、自分は何でもわかると思って読まれている方々には、残念ながら理解することはとても困難なことになるでしょう。

 なぜならこの書籍は、自分を向上させたいと思っている方のための専門書籍だからです。

 

 私は整体師であり気功術師でもあります。私は今現在、整体院の現場にたつことはほとんどありません。ごく稀ですが、私どものスタッフがどうしても技術的な改善が出来ないというお客様に限り、私が直接みることはあります。ただし、その場合、お客様一人に使う整体時間は五分程度です。十分以上整体に使うことはほとんどございません。

 なぜなら、整体時間五分程度で必ずといっていいほど、お客様の身体の問題が大幅に改善に向かうからです。しかし、この技術をもって私の整体院の宣伝には使っておりません。なぜなら整体院は整体をするところであって、病気を治すところではないからです。しかし、私の整体術そのものが今まで不可能とされた身体の多くの問題に、科学的な整体技術としてアプローチが可能となっているのです。私のタッチ技術を見た方や経験された方は、相当のカルチャーショックを受けることでしょう。

 

 私が、お客様から共通して言われる言葉に「もっとはやく知りたかった」というものがあります。基本的に私の整体を受けた方は必ず数多くのお客様を紹介しようとしてくれます。しかし、面白いことに全く逆の反応を示すお客様もいたのです。

「私は絶対に人には 教えない。なぜなら教えてしまったら、あっという間に私の予約が取れなくなってしまう。だから絶対に教えない。」と言われた方も複数いたのでした。

 私は一人でも多くの方々に私の技術を伝えたいと思いペンをとりました。この書籍は、簡単なような難しいような、また、わかるようなわからないような読書感が生まれる方が多いでしょう。なぜならこの書籍は、できない人の心を紐解いた、できない人ができるようになるための書籍だからです。ですから、自分に自信がある方には全くわからないでしょう。ただはっきり言えることは、私の整体術にしても気功術にしても、完全にオリジナルでしっかりとした実績をあげております。

 

 例えば世の中には数多くの気功の書籍が出版されていますが、それらの書籍を一ページも開かなくても、著者の気功の実力やレベルが正確にわかります。

この技術はある程度は私の生徒にもできることなのです。

 例えば、著者の写真を見て実際にどの程度の気が出るかを判断してもらうという実験なども数多くしておりますが、私の生徒の八割程度の方々は共通のコメントをします。

 一見、信じられないようなことも、厳密な科学的な思考にたった分析が技術の背景に存在しているのです。

 私は、私の整体術も気功術も超能力と呼ばれることをよしとしていません。なぜなら、超能力ではできるできないということが生まれてくるからです。しかし、一般的には超能力と名付けるほうがわかりやすい世界が数多くあります。

 私自身も私の整体技術、気功技術は超能力と名付けることができる技にあふれております。しかし私の頭の中では、全て科学的な論拠とプロセスが存在しております。

 

 その中でも気の世界に関するものは、突出したノウハウが基盤となって「慧真導気功術」というものを作り上げました。慧真導気功術は、まだ一般には公開しておりません。身体の健康に、心の健康に、ダイエットや美貌に群を抜いた結果を準備しております。いろいろな分野で実験を重ねてきました。心の分野でも一瞬で占い師をつくったこともあります。もちろんそんなこと一般常識の中ではできるはずがありません。

 でも本格的な外気功の世界は、あらゆる科学を超越した科学との出会いが可能です。言葉にすると、どこまでも難しくなってきます。そんな難しい世界をタッチの極みという書籍の中に多数ノウハウを取り入れました。無理して理解しようとする必要はありません。そのかわり、何度も何度もしっかりと読んでみましょう。素直な心でしっかりと読んでみましょう。自分の知っている知識の中に収めようとはしないでください。

 また、あなたが知っている一般常識や学問、あらゆる経験の中にも収めないでください。ただただ何度も読むことを繰り返すだけでいいのです。できれば声を出して読みましょう。何度も何度も読み終える度に、目指すものに近づいていく自分に出会いはじめるでしょう。

 一番必要なのは、技術や小さな知識ではありません。あなたの「前に進もうとする気」の密度を進化させることが何よりも大切です。 

 

 あなたの人生であなたの人生を向上させる気の世界があります。それは、表面的な言葉では理解ができません。大切なことは、あなたの心の奥底にある、あなたの心の土台になっている部分を動かすことが大切なのです。しかもただ動かすのではなく、より良い方向に自分自身が自分を導いていく、そんな「気」を身につけること、それが「タッチの極みシリーズ」の書籍の意味であり、目的です。

 

 世の中では、専門家と呼ばれる素人がたくさんおります。素人の話は一見心地よいです。しかしそれでは一歩も前に進みません。大切なあなたの人生、「大切」とは大きく切ると書きます。人生の良い転機になれば幸いです。

 

 只今、タッチのシリーズ第三弾、第四弾を準備中です。何弾まで出版できるかわかりませんが、少しでも多くのノウハウを公開したいと思います。

 「タッチの極みシリーズ」は決して簡単な書籍ではありませんが、後々出版する予定の実践本の理解しやすくするための内容でもあります。

 今後執筆予定の実践本は、誰にでも理解できますが理解できる奥行きは一人ひとり異なってきます。

 たとえば、これらの技術を美容やダイエットに活かすとどうなるか、というのも楽しみな課題ではないでしょうか。女性の永遠の若々しさと美しさと比例する健康体の姿というものが存在しています。つまり、若々しくとてもきれいな健康体を作るということは、いろいろな病気を治すノウハウでもあります。もちろん、どんなアプローチをしても叶えられなかった体のラインなども作ることが可能です。今後のシリーズ展開を楽しみにしてください。

西洋医学には西洋医学の理論があります。

整体やカイロプラクティックには整体やカイロプラクティックの理論があります。

シモザワ整体にはシモザワ整体の理論があります。

シモザワ整体の理論の特徴は、医学や他の考え方を導入しながらも、その欠点を補うように理論は進化させてきました。

ですから、シモザワ整体という名前を使用していますが、一般的な整体術とは技術的に根本的に違いが生まれます。

その違いは多項目に渡りますが、一番の特筆すべき違いは下澤院長の技術の種類の多さです。

技術の多さは、他の同業者を圧倒します。

体の状態に合わせて、細かく技術的変化をもたらすシモザワ整体は、正に芸術の領域に入るのかもしれません。

残念ながらその技術の多さはあまりにも多すぎて、逆に公開することはできませんが、手首から先の検査や調整技術だけでも、今から20年前の段階で軽く500を超えていました。その後、未発見な人の体の基本的なメカニズムや構造を始めとして、体の問題の基本的な発生メカニズムについての発見も進み、各種療法で対応出来ない人の体の問題についても解決の道筋をつけ始めております。

 

 整体という職業は基本的には病気などの体の問題を治すことを目的とした仕事ではありません。あえて述べると体の持つさまざまな、正しい状態を安全に効率よく作り上げていくのが整体の仕事と考えております。だからといってお客様の望む体の問題に対して無力であっては、絶対にいけないとも考えております。

 

 結果として、この取り組みが技術的や学問的にはとても進化しましたが、自分の体の健康に関しては、むしろ無関心状態が長年続き、とうとう自分の体が壊れ始めました。結果としては、入院することになったり、自分自身の体を見直すという未体験分野に取り組むことになりました。その成果としては、食事と健康の関係、栄養と健康の関係、筋肉の働きと病気の関係や健康との関係などについて、より細かく発見することが出来ました。今現在は、その研究もさらに進み、筋肉特質と女性の美容の関係、運動の効果と弊害、難病を持つ方の背骨の特徴と身体の使い方などの問題等、病気前よりさらに細かい体の分析が進み始めました。

 

 今現在「タッチの極み」というさまざまな手技に携わる人向けの能力開発本を書き続けております。この書籍の特徴は、手技療法家であれば読むだけでも自分の「タッチ技術が変わる」という慧真導気功術を知らぬ間に身に付ける技術も含まれております。書籍づくりのためにライターに代筆させるということはしておりませんので、表現の未熟な面も目立ちますが、その分内容のエキスがとてもたくさん記載されている書籍になっております。

 

 今現在も次の書籍の完成に向けて執筆活動中ですが、体の研究も同時進行で行われております。来年度も新しい書籍の完成を予定しております。今後、私の体力が続く限り、複数冊の書籍を公開することが出来ると思います。書籍の公開に伴い、シモザワ整体や慧真導気功術の有益なノウハウの公開も進めていきたいと考えております。しかし残念なことに、私の視力がたいへん低下しているので、書籍の作成に関してなどすべての執筆には代筆者の応援が必要となっております。それに伴い、漢字の間違いなども出やすくなっているのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

シモザワ整体とは

〇 整体とはなんでしょうか

 整体の利用者の皆様が、整体という言葉を聞いてどのような技術をイメージするのでしょうか。もちろん整体の技術には、各流派ごとや先生ごとに微妙な違いが存在しております。その技術の説明には、整体という技術の目的を知ることが必要です。整体とは、手技療法といわれる手で体に触れていく調整技の一部となります。手技療法を考えかたで分けてみると、癒しの部門と治療の部門(体質や体調改善)の二つの大きな分類が可能となります。そして、一般的に一番多い分野が癒しの分野となります。つまり、手技療法の世界で腕が良いか悪いかという課題に関して、利用者のお客様が語る評価のポイントとしては、気持ちが良かったか、悪かったかがその評価の最大の注目点になることが多いのです。

 

 しかし、整体の分野の中には、人の体の問題を解決していくという技術に特化している、まれではありますが、そういった治療院も存在しております。

 

 整体の技術をもって、人の体の問題を解決していくという考え方自体は、医療技術の中でもかなり低い分野とみられているのが実態ではないでしょうか。勿論、そのレベルの整体技術も存在しております。しかしながら、最先端の医学をもっても解決できない問題を、いともたやすく問題分析を行い、対応していく事実も世の中には存在してるのです。それらの技術は一般的には、超能力などと信じ込んでいる人もおりますが、実際には科学の発想やメカニズムを駆使し、問題に挑まなければ良い結果を得ることは出来無い事は言うまでもありません。

 

 そんな整体業の中で、北は北海道札幌の街で、ひたすら人の体の問題に触れ、さまざまな解答を明確に出し、技術提供しているのは、シモザワ整体ということになります。文章的には、発表はしておりませんが、シモザワ整体で対応できる体の問題の種類はとても多いのです。しかも、その技術の中心的なテーマは、何よりもその安全性や、即効性が確保されていることが注目すべき点でしょう。ほんのわずかなお客様同士の口コミの隙間から、日本全国からシモザワ整体の技術を頼って人が訪れてきます。最近では、さらにその技術革新も進み、人の持つ多くの難病に対しても、簡単な技術操作で自分で治していくという技術革新が進んでおります。その中でも注目すべきは、今現在治す治療方法が無いような難病や、また生存率がほとんどないとされている病気に関しても、その効果の一端が確認できつつあります。その中でも代表的な病気としては、悪性の癌という病気ではないでしょうか。今、この悪性の癌に関しても、明確な解答を出していこうとしております。今後のシモザワ整体の技術革新や、技術情報の内容に関しては要注意でしょう。あなたやあなたの周りの人の苦しみを明確に解決させる技術開発が今、驚くほど進んでいるのです。

 

                                                                                                2017.1.23

今日のテーマ~  ラジオ体操は健康に良いのか悪いのか

 

 最近、ラジオ体操は健康に悪いという意見が一部の人で言われているようです。ラジオ体操を毎日するのとしないのとでは、した方が健康に良いことは言うまでもありません。しかし、ラジオ体操はあくまでラジオ体操ですから、それだけで健康な体を保持する筋力や筋力のバランスは整いません。

 そこで、私どもの健康教室では、4種類のラジオ体操を提案しております。それは、通常のスピードの体操、そしてゆっくりめのリズムの体操の2種類となります。ラジオ体操第一、第二を合わせると結構な運動量(4種類)となります。ぜひ、試してみて下さい。 

 

                                 2017.7.3

〇 施術の強さと施術時間

 

 私が直接お客様の体をみるときには、施術時間はとても短いです。その多くの場合で5分程度が基本となります。また、タッチの強さも撫でる程度か、多少押す程度の力となります。初めて私の施術を受ける方は、物足りなく感じる方が多いかもしれません。しかし、体の変化というのは、施術者が与える力の強さでも長い施術時間でもありません。基本的に体が悪くなればなるほど、施術時間は短ければ短いほど良いのです。つまり、長い時間をかけないと良い結果を出せないという施術しかできないというのは、簡単に申し上げますと腕が悪いということです。

 

 例えば、洗濯物を例に考えてみましょう。衣服が汚れたからといって洗濯時間が長ければ長いほど良いと考える人はどのくらいいますか?衣服にとって汚れが落ちるのであれば、洗濯時間は短ければ短いほど良いのです。これは当たり前のことですよね。体の問題に関しても同じことが言えます。長い施術時間が身体にとって良いとは言えないのです。単純な疲労回復が目的であれば、その施術方法も効果的でしょう。しかし、難しい体の歪みを解除していくためには、施術時間は短ければ短いほど体には良いのです。

 

 最近の整体の風潮として、何時間も施術をするという営業方法があるようですが、疲労回復には良い場合も考えられますが、本当にギリギリの体には逆効果となります。また、バキポキと背骨や関節に力を加えて調整する古来よりのカイロ技術や、整体技術がありますが、この技法も気持ち良いと感じる人と、激痛を感じる人の二通りがあります。気持ち良いと感じる人にはとても効果的な整体術ですが、激痛を感じる人にはむしろ逆効果となります。改めて付け加えますと、人間の体の歪みというものは、多くの場合とても弱い力で変化します。ただし、その変化を導くための方向や角度、深さ、強さなどが的確に選択できることが必須条件になります。また同時に、難しい体の問題に関しては、体の複数個所の調節が必要となりますが、その手順を見極めることこそ、あらゆる体の問題に対応する技術となります。

      

 

                                 2017.7.3

〇 整体の施術時間の長さは長い方がよいのでしょうか?

 気持ちの良い整体術は長い時間受けたいと考える人も多いようです。問題は整体術の施術を受ける時間の長さは、どのくらいの長さが適切なのでしょうか。この答えは意外と難しいです。なぜかと申しますと、同じ整体の技術でも癒しの効果しかない整体の技術と、癒しの効果というより体の問題を変化させていく治療効果に優れた技術の二種類に分かれます。

 治療効果が優れている技術は更に細分化され、その技術力の差は一般人が理解出来る領域を超えている技術まで存在しております。こんな時どう考えればよいのでしょうか。

 癒しの現場と病院の現場で考えてみると分かりやすいです。世の中の外科医の中には、神の腕を持つ外科医と呼ばれるドクターがおります。私は、たとえそのドクターが本物の神であろうと、手術時間を1時間、2時間、3時間となるべく長く受けたいなどという考え方はわいてきません。必要であれば、短ければ短いほど良いのです。

 シモザワ整体における私の技術は、基本的に絶対的な治療効果を目標とした技術がほとんどですから、施術の治療時間は短ければ短いほど、体にとってはとても良い効果をあらわしてきます。この効果が医学では全く対応出来ない体の諸問題まで解決に導くのです。これらの技の組み立ては、決して偶然ではありません。体の変化とその変化の元となる力との関係においての正確な技術操作により、問題の解決に望むのです。

 もちろん私の整体技術の中には、癒しをメインとした技術もたくさんございますが、基本的に癒しの技術は私でなくても出来るわけです。ですが、私が使う最高の治療技術に関しては、私以外出来ないのです。ですから、癒しの技術を求めている人に関しては、私以外の技術者をおすすめしているのです。

 

結論 体の難しい問題に関しては、整体の技術と言えども短ければ短いほど良いと言えます。

                                         2017.1.30

〇 ひどい肩こりの症状は、揉んだり押したりするだけでは解決できないケースがあります

 

 このような症状に対しては、体全体から肩こりの原因を探る高度の整体技術が必要となります。一般的にこれらの症状は、日頃の職業的な問題の影響を受けている場合が多いのですが、適切に体のバランスを整えていくことで安全に問題解消に導くことが可能です。

 この高度な整体技術の普及はまだ浅く、ごく一部の整体院でしか対応できない現実があります。たとえ肩こりの症状が極端に重症ではなくても、指圧やマッサージの施術で体調を崩された経験をお持ちの方は要注意と言えます。

 

 

〇 首に痛みを伴う肩こりをお持ちの方

 

 肩こり症状がある方で、首を動かす時に痛みを伴う方は、単純な肩こりや首こりではないケースがあります。

 特に問題が大きいケースとしては、頸椎に歪みの力がたまり過ぎ、頸椎自身が本来持っている、首の弾力性や首の力などを失い始めているケースです。この場合、初期段階では大きな問題が無くとも、いずれ頸椎の大きな問題に発展していく場合が多いと予測されます。

 頸椎症などの問題を引き起こしてしまいますと、専門病院の技術的な対応もごく限られてしまい、問題解決に至らず当方のような整体院に相談を寄せる方も以外と多いです。しかし、頚椎症などの問題は、いわゆる頸椎という首関節の骨格における力学的な歪みですから、その問題解決には極めて高度な整体技術と、長期間の症状改善のための努力が必要となります。その改善には根気も必要としてくる場合も多いので、極力早い段階の技術的な対応が有効と言えます。この技術に関しても、対応できる整体院や整体師は驚くほど少ないと言えます。

 

 

〇 腰痛には腰痛体操で改善できる腰痛と、腰痛体操で致命的な問題を引き起こしてしまう、2種類の腰痛があります。

 

 この事実は、整体院の現場で発見されたある種の腰痛の特徴の一つですから、この内容が理解できる先生は、大学病院の教授クラスでも私の知る限り皆無です。

 私の整体院の利用者の方には、「今現在腰痛を持っている方は、腰痛体操と言われるものをしてはいけません」とアドバイスしております。しかしながら、それを守るか守らないかは本人次第です。

 私の整体院の利用者の中で、一部の方には「あなたが腰痛体操をすると、絶対にひどい目にあいますよ」と教えております。しかし残念なことに、実体験をされる方も時々いらっしゃいます。

 「専門のお医者さんだから安全だろうと思った」「専門のスポーツトレーナーだから安全だろうと思った」と口をそろえて皆さんおっしゃっていました。腰痛の痛みが多少緩和したからと言って、腰痛体操はおすすめできませんよ。こんなアドバイスが出来るのは、シモザワ整体だけかもしれませんね。

 

 

〇 一般的な整体術とシモザワ整体術の違い

 

 シモザワ整体療法研究室でも、その施術方法は整体とか整体術という表現をとっております。その主旨としては、狂った体を正常な状態に整えていく、つまり、体を整える施術となります。日本では、古来より裏武道として整体術が生まれていたようです。

 よくテレビの時代劇ドラマなどで、気絶した人を背中から何やら技をかけて目覚めさせるシーンがありますが、これらなどもその一つではなかったかと思われます。

 人間の体はたくさんの骨、筋肉、関節で体を動かしていますが、その動きの種類は無数に存在しております。一般的に整体術では、背骨に加わった異常な力や不要な力を背骨関節から取り除く為に、「パキポキ」と「調整」とか「アジャスト」などと呼ばれる技で力を抜いていきます。

 これらの整体を利用されたお客様の反応は、見事に二つに分かれます。その一つは「ものすごい効果があった。整体術は素晴らしい」と言われた方。もう一つが「あんな痛い目にあったことはない。しかも何も良くなっていない。あそこだけにはもう二度と行きたくない」という方の真逆の評価が生まれているのです。

 考え方によっては、利用された整体院の技術的な腕の差も、その施術結果に対し考慮する必要があるのでしょうが、町一番の評判の良い整体術でも同じことが言えているのです。

 体の調整は、体の状態に合わせてしていきますから、必然的に利用者の思い通りの結果が生まれるとは限りません。すなわち体の調整技術としては、最高水準の技術調整が成功したとしても、お客様の身体の感覚として理解できる訳ではありません。むしろ、本来の技術的な効果よりも、その場の分かりやすい感覚が重視された評価が一般的になります。つまり気持ちが良いのかどうか、施術中、気持ち良かったのかどうかなどが、一番の技術者への評価の対象となります。一般的な整体術も、シモザワ整体療法研究室の施術も、その評価の中にあると考えるべきです。

 

 では、具体的なシモザワ整体療法研究室の技術的な特徴は何なのかと申しますと、その目的は一般的な整体術と同じなのですが、一つの背骨の問題に対してや一つの体の問題に対して、技術的アプローチの数が他が追従できないくらい種類が豊富なのが、シモザワ整体療法研究室の技術的特徴となります。ですから、整体の施術を受けたからといって、激痛が走ることは全くありません。なぜなら、整体の施術中に痛みが生じる整体技術には問題があると考えているからです。

 つまり、その調整技術が単純すぎて適切な対応が出来ていないと判断します。結論から言いますと、人の体の関節は、簡単に「パキポキ」音を鳴らせる人と鳴らせない人がおります。また音を鳴らしやすい人の中でも、この部分は音が鳴らないという場合がありますが、これらの全ての基本的なポイントは、その時に調整しようとしている関節に加わっているプレッシャー圧の大きさの違いが原因と考えられます。つまり、整体の調整という技で解放できる範囲のプレッシャー圧と、解放できないくらい大きいプレッシャー圧が加わっている場合とに分かれています。この状態を知らないと、必然的に整体の技をかけることによって激痛を与えてしまうことも十分に考えられます。

 

 つまり、シモザワ整体術は、技の数をぼう大に持っており、人の個人差に最大限無理なく適切に対応できる技術だと言えます。

 

 ですから、他の治療院で何年も問題が解決できなかった体の問題が、初回の施術から大きく変化を遂げることは実は珍しくないのです。お客様がシモザワ整体の技術を受ける感覚としては「こんな弱いタッチで、その効果も心もとないな」と感じる施術でも、何回かの施術で明らかな違いが生まれてくるのは、その整体の技術の技術水準もさることながら、体に関する様々な基礎理論と施術の関係がズバ抜けて理解されていなければ、成しえない技術でもあります。世の中の健康法とは一線を引く確かな技術が、人の未来に向けてゆっくり進んでおります。

 

 

〇 シモザワ整体とほかの整体院との最大の違いはなんでしょうか

 

 他の整体院と同じところは、技術の名称として整体という言葉を使っているところです。しかしながら、整体という言葉は、身体を整えていくということであり、技術の内容を固定するものではありません。

 世の中には、背骨などをパキポキと豪快に音を鳴らしながら行う施術を整体術と信じ込んでいる人も意外と多いのですが、それはそれで一つの考え方だと思います。

 では、シモザワ整体とはどういう技術なのか。例えば豪快に背骨などをパキポキ音を鳴らす施術は、人によっては激痛を伴います。また人によっては、けがをしてしまうという大きなリスクがあります。その反面、うまく適合した方には一回の施術で今の体の問題が解決するという特徴をみせることもあります。これは、技術の水準的な問題もあるのですが、実際には、体で起きているメカニズムとの関係がその結果を大きく左右しております。

 シモザワ整体では基本的に、音を鳴らしていくような強い整体技術は使用しません。極まれに特殊なケースで使うことも考えられますが、その使用頻度は数年に1回程度となります。つまり、強い力を背骨に加えなくとも、体の問題は解決していくのです。一般的な整体技術者の中には、この体のメカニズムを知らない技術者が多いと言えます。むしろ知っている技術者の方が皆無に近いです。背骨をパキポキ音を鳴らさない弱い力での施術方法は、一般的には単なる指圧マッサージの技術に等しい場合が多く、私どもシモザワ整体のように、弱い力で背骨などに発生した問題に対し、積極的に解決出来る技術をもった施術院は、全国的に見てもとても珍しいケースと言えます。何よりもその技術の恩恵は、第一に安全であるということです。第二に他で改善が見られなかった多くの症状に対して、短期間で良い結果を出すことがとても多いのです。

 シモザワ整体院を初めて利用される方からよく言われる内容としては、「他の整体院を1年以上利用してきたが、分かるような変化や改善は何もなかったのに、シモザワ整体では数回の施術で明らかに良い効果が生まれている事が分かります。」とよく耳にするのです。正直なところ、この反応は当然の事でありシモザワ整体の技術水準からみれば、特別なケースとは言えません。他の整体院で1年間で100回程度の施術を受けても、全く効果が出なかった体の問題がたった1回の施術で効果が生まれてくる。この違いは技術水準の違いなのですが、はたしてこの技術は高いと言えるのでしょうか。私は逆の立場でみますと、ほぼ無料で提供している技術だと言っても過言ではありません。それだけに施術者が使う施術中の体に対する気配りは半端ではなく、ただ単純にお客様だから当然という考えの方は、私どもを大切に利用する多くのお客様に迷惑をかける行為になることをご理解下さり、今後も楽しい利用をお願いいたします。

〇 シモザワ整体ではどんな体の問題が治るのですか?病気は治るのですか?悪性の癌(ガン)は治せるのですか? 重い腰痛は治せるのですか?

 

 シモザワ整体はあくまでいち整体院です。整体の利用料金もMAXでもあくまで整体の料金です。基本的には整体院の経営活動ですから、ボランティアではありません。つまり、世の中にある難しいとされている問題に対する料金体系を持ち合わせておりません。ただし、シモザワ整体の技術が及ぶ範囲は限定されるものではありません。多くの問題を解決してきております。それが、私どもの立場で表現できる精一杯の言葉となります。シモザワ整体の技術的には、体の問題に対し無抵抗だったケースは基本的にございません。ただし、人の性格や人間性に関しては、その影響を与えられる内容ではありませんので、治せるか治せないかという問題は、最終的には人の持つ人間性というものが驚くほど影響を与えております。この部分をクリアすることが出来れば、あまり怖い病気は存在していないとも言えるかもしれません。結論、技術的にはほとんど治せます。

 

 

〇 シモザワ整体と癌治療技術に関する考察

 

 癌の問題と整体技術には、何らかの治療効果を発揮させることが可能かどうかを考えてみたいと思います。

 

 最初におことわりしておかなければいけない項目として、シモザワ整体ではいかなる体の問題も、病名をもって整体治療をお受けすることはありません。ですから、癌治療のための整体コースをお引き受けすることはございませんので、お間違いのないようにして下さい。ただし、そのことと整体で癌治療が可能か不可能かという問題に関しては、全く別の問題となります。

 

 私どもシモザワ整体でもお客様とのお付き合いの期間が長くなりますと、必然的にいわゆる難病の部類に入る病気の相談をお受けすることは、体の変化や加齢と共に起こり得ることです。その中でも、家族の方が悪性の癌になった場合に「私どもは整体だから全くの無関係です」とは言い切れない部分が生まれてくるのは、そこは人情ではないでしょうか。幸い私自身、個人的には癌と整体の関係を長年研究している関係上、お役に立てることも少なくはありません。

 

 最近では悪性と言われる癌に関しても、かなり有効な体のメカニズムを発見しております。しかし、今の法律の背景の中では、癌治療という形で私どもが仕事をお引き受けすることは出来ません。また、法律的な問題もさることながら、価格設定や技術設定が、個々の体の状態や状況により大きく異なり、現状の整体の枠組みの中では商品として提供することは100%不可能です。ですから今の段階では、私どもシモザワ整体の施術を長年利用されているお客様に関してだけ、何らかの問題対処技術のサービス提供を行っている段階です。しかもそのサービスを受けるにあたっては、本人も具体的な問題解決への講習会への参加や、研究会への参加などに積極的に協力していただくことが、何よりも大切な条件となっております。

 まずは本人の体の問題は、本人が中心となって行動を起こすことが、何よりも解決への近道であり、自分自身の体の本当の問題やメカニズムを発見することに繋がっていっております。

 

 このへんの事情に対して誰よりも積極的に協力することが、シモザワ整体の最新の癌治療技術の習得に繋がっております。

 

 

〇 もし家族が癌になったならば?

 今現在、日本人の癌事情は決して良いとは言えないのではないでしょうか。○○癌は何人に一人発生するなどともよく言われております。

 しかし実際に、自分自身や身内が癌にならない限り、それほど本気の心配をする人はあまりおりません。

 実は、私の家族にもある日、重大な危機がやってきました。私が子供の頃には、一人のおばさんが子宮癌で亡くなりました。もう一人のおばさんは脳腫瘍で亡くなりました。そして義理の兄の皮膚癌。この時、私は大人になっていたので、できる限りのアドバイスをいたしました。実はその皮膚癌、私の目から見て決して良い癌ではなかったのです。

 なぜ素人が良い癌と悪い癌の判別ができるのか? その解答はとても長いお話になってしまいます。結論としては、「分かるものは分かる」のです。

 私の支援もあり、義理の兄の癌は完全に治す結果に結び付いたようです。勿論、大学病院で外科手術を受けたのですが、外科手術だけでは危険な体の信号があったのです。このような信号は、病院では無視されます。しかし、そこが生死の別れ道となることが少なくありません。

 たとえ一整体院でも、お客様の体を見るからには、極限の緊張を持って対応します。その中でも一番重要なのは「観察」なのです。細かい体の異常を見落とさないことが何よりも重要なのです。

 

 そしてある日、私の妻が乳癌になったのです。しかも、乳癌のステージ3bという状態で発見されたのです。なぜこれまで放っておいたのか。実は皮膚科に通っていたのです。私は妻が病院に通っていたので、安心していました。ところが、それが裏目に出たのです。皮膚科の病院では、乳癌を疑うことすらできなかったのです。

 仕方なく札幌市内の大手病院にて診察を受けました。しかし、その病院のドクターの対応はあまりにも事務的で正直なところ、「このドクターのもとでは治すことは不可能」と判断せざるを得ない状況でした。そこから、病院放浪生活が始まりました。

 癌に良いとされることは何でも試してみました。波動的に水晶が優れていると聞けば、いろいろな水晶を手に入れました。おかげで今現在では、まるで水晶のコレクターのようです。しかも、石のお店では販売されていないようなアメジスト、黄色い水晶であるシトリン、ヒマラヤ産の水晶、ウルグアイ産の水晶、ブラジル産の水晶、国産水晶、その他にも魔よけ効果があると言われているモリオンと言う黒い水晶などと、いろいろな水晶を取り揃えました。水晶以外でもラピスラズリや、他の癒し系の岩石も多数購入しました。

 勿論、癌に良いとされている健康食品はいろいろと試しました。しかし、何かピタッとこないのです。私の感覚的に「癌が治る」というどんな小さな信号も伝わってきませんでした。そしてやむなく、それでは残りの人生をかけて旅行をできるだけしようと国内旅行をいくつか申し込みました。そこで奈良県にある薬師寺を、最初の旅行先に選びました。なぜ薬師寺かと申しますと、薬師寺とは薬師如来をまつるお寺です。奈良には薬師寺をいうお寺と新薬師寺という二つのお寺がありました。

 私は普段、神社やお寺に行っても手を合わせてお参りすることはありません。それを真似てか、妻も手を合わせることはありませんでした。しかし、この時は、薬師如来像の前で手を合わせてお願いしてくるように、妻に指示をしました。薬師如来像の前で手を合わせてお願いをした妻。

 その時、私にすごい衝撃が走りました。なんと本殿の空間が歪んだのです。私は気功術師でもありますから、そんな特殊な波動の変化も時には見ることもできます。しかし、このような大々的な波動の変化は初めてでした。この時私は直感が走ったのです。

「妻の癌は治る」「妻の癌は治せる」「妻の癌は私が治す、私が治さなければ治らないだろう」

 そして、「今日、妻の乳癌が破裂する」と感じたのです。

 そこからの行動は、常に今、救急車を呼ぶとしたらどう説明すればよいか、ということだけを気にしていました。当初診断を受けた病院では、この乳癌はいずれ破裂する。破裂すると出血が止まらなくなると言われていたのです。

 

 救急車を呼びました。妻の乳癌が破裂し、出血が始まったのです。救急車はすぐにかけつけてくれました。私の妻を乗せた救急車は、奈良の市立病院に向かいました。そして、待つこと一時間。担当のドクターが上手に処置を施し、出血は止まりました。そして、私たちにドクターの一言が。「なぜ病院治療を受けていないのですか? これではお風呂も入れないでしょう?」私はとても驚きました。

そして「お風呂に入れるようになるのですか?」と聞いたのです。すると、「お風呂に入れるようになりますよ。札幌にすぐ帰り、乳腺外科という病院に行って下さい。」そう話したそのドクターは、乳腺外科の女医さんだったようです。正直なところ、こんな女医さんがいる病院であれば、妻の癌手術も受けることができるのにと思ったほどでした。しかしその女医さんは、私たちの地元札幌での手術を勧めたのです。

 札幌に戻った私たちは、乳腺外科選び。まずはホームページの確認。選ぶポイントはホームページが綺麗なこと。そして選んだある乳腺外科。担当のドクターとの面談。この病院のドクターの発言は、驚くことの連続でした。私が全否定した当初の大手病院のドクターとは間逆なのです。私の妻の体において、心配事項だったいくつかの疑問に対して、当初の大手病院は問題にすらしておりませんでした。ところがここのドクターは、カルテにどんどん心配事項を記載していくのです。手術前にこの病院でこの検査をしよう、こっちの検査はこの病院でしてもらおうなどと、そのドクターのネットワークをフルに使っているのです。そして、私が当初心配していた項目のすべてが、そのドクターの口から施術前の心配事項として、どう対応するかが提示されたのです。

                                      

私は「このドクターなら大丈夫だ。乳癌の手術は成功するだろう。ただし、術後すぐに全身に癌が発生する。その癌を治すのは私の役目になる。差し迫った巨大な癌の除去手術が成功すれば、私の理論で治せる」そう確信していたのです。

 

手術の直前、癌は完全に皮膚から飛び出し恐ろしい形相になっていました。たぶん、この状況から病院治療で治った人は、一人もいないでしょう。手術は夜中まで続きました。術後ドクターは、「出血がひどくて大変でしたが手術は成功しました。この癌はステージ4ですね」と話していました。そう、ここから私の本番でした。ここからが命の分かれ目になります。勿論、妻の体に何箇所も癌が転移しました。ですが、このレベルの癌であれば、私の施術が最も効果を発揮できることに気づいていましたので、それほど心配はしていませんでした。

 

 癌には、良性の癌と悪性の癌があるようです。癌になって一番困るのは、的確な情報を集めることがとても困難なこと、これは何よりも癌患者が不安になることでしょう。心の不安は癌という病気にとって、決して良いものではないはずです。しかし、だからといって不適当な情報ではいけないのです。世の中では「痛いの痛いの飛んでいけ」といった、癌対応が堂々と保険治療としてまかり通っているようです。これは、あまりにもお粗末としか言いようがありません。

 

 癌治療とは、癌患者本人と家族が真剣に癌と取り組み、癌を本気で治そうとしなければいけません。世の中にそれほどオイシイ話は転がっていないのです。都合の良い話も無いのです。一番良いお話とは、自分自身とその家族が癌を治せるレベルで努力することが大切なのです。すると今まで見えなかったことが見えてきます。今まで分からなかったことが分かってきます。どの選択が適しているのかも自然に分かってきます。私の妻の癌は、私が100%の本気を使わなければ、間違いなく治らなかったでしょう。

 今、妻はとても元気に働いております。手術後7年目の年が始まっております。今でも時々、妻の背骨の状態を確認しております。危険になったら改善させる動きを実践してもらう、そんな観察の日々が未だに続いています。妻の乳癌は夫の責任。夫が治さないで誰が治す。

 結論、家族の本気に勝る治療方法はありません。

 

                                      

【健康教室】

 健康教室とプロ向けの技術教室。シモザワ整体では、整体技術の補助として、自分の体に合った健康に寄与する筋肉の作り方として指導しております。

 この考え方は一般的な医学知識ではなく、シモザワ整体の現場で知り得た、より実践的な健康回復に寄与することが出来るノウハウの数々となっております。なお、この健康教室は、シモザワ整体の付帯サービスの一部として行っておりますから、技術水準の高さの割りには、とてもお手頃な講習費用で提供しております。皆さまの体の健康づくりに新しい考えを導入してみませんか?

 

【 今日の教室で新発見‼ 】

 

 耳が遠く、補聴器を使っているAさん。今日の先生の健康教室で逆立ちを実施。手伝ってもらいながら逆立ち状態になったと同時に、「聞こえる!!聞こえます!!」とAさんが言ったのです。頭が上足が下の生活をしている私たち。この手と足の立場を変えてあげただけです。筋肉の働きも逆になります。他にも肩こりが消失した人もいました。 普段まったく身体を動かさない人が、いきなりの逆立ちとなるとケガをすることも考えられますので注意して下さい。そんな方はラジオ体操からはじめましょう。

 

【整体・シモザワ整体・慧真導気功術・気功治療・その他専門知識を指導する教室】

 シモザワ整体では、上記のテーマごとの専門分野に関わるトップ技術者の養成も行っております。その他にも人に関わるノウハウに関しては、無尽蔵のオリジナル技術や知識が豊富にありますが、他の指導書では習得出来ない優位性をもった専門知識の習得も可能です。

 講習対象者はその道のプロの方に対応した技術であり、その技術的な難易度も含めて、その知識の習得にはそれなりの真剣な取り組みが必要となることは言うまでもありません。

 また、講習費用もアマチュアの知識習得のカルチャースクールとはレベルが違い、それなりのコストを必要とします。もちろんその費用も習得したい技術レベルごとによってその幅は大きく異なりますので、希望者は直接ご相談下さい。

 

 

【加算と回数券について】

 

 シモザワ整体に来られる方の症状というのも、個人により大きな違いがあります。シモザワ整体をご支持いただいている方に関しては徴収しておりませんでしたが、一般の整体院では受け付けていないであろう特別な症状に対し相応の技術を要する場合、難病を含む特殊な病の場合等、加算させていただくことがありますことをご了承下さい。

 

《加算の金額について》

 他の治療院で対応出来ない症状に対しては、特別技術料(5000円~50000円)また、特別分析料(5000円~50000円)等がかかります。

 運動指導が必要な場合、特別運動指導料として(5000円~20000円)難病等を含む特殊な病の場合、上記の金額に難題加算がプラスされます。少なくとも20000円以上となることをご理解下さい。

 

《回数券について》

 シモザワ整体では、一般の方の利用をお手伝いするため回数券サービスを行っております。しかし残念ながら、回数券サービスはどなたでも提供させていただくものではありません。シモザワ整体の全面的な主旨を理解して頂ける方、共に問題を解決していこうという方に提供させていただいております。

 物販のようなサービスが付随し販売しているものではありません。どうしても信頼関係に問題があると判断せざるおえない残念な場合、回数券サービスを終了させていただくこともあります。

 

                                   

2016年3月発売!

 

手技療法や外気功術を日々研究し、独自の視点から新しいメカニズムを発見し続ける下澤正幸先生が、手技療法におけるタッチ技術の重要性とその絶大な効果、そしてそれを会得する為の方法等、まさしくタッチを極めるタッチの達人になる為の本です。

 

タッチ技術を追求すれば、驚くほど効果に差が出て来ます。

シモザワ整体が何故、他の治療院とは効果に大差を出せるのか、他の治療院では改善出来ない症状を改善出来るのか、この本を読めば納得出来るでしょう。

治療家ではなくても、人の体に触る事がある方には、是非一度読んで、参考にして頂きたいと思う本です。

 

 一見すると、全体的な方向性が今一つ理解しがたい側面もあります。

この書籍には、複数の波動的な仕掛けがされています。

何度も読み返すことで、物事の理解力が広がります。

気に敏感な方は、本が発する気を感じることができますし、その恩恵を受けることも可能です。

ただし、否定的な心をもって読まれては、その効能はございません。

素朴で素直な心で読まれると、新たな発見と巡り合うことができるかもしれません! 

 

『心の視力―おもしろいほど気功で分かるあなたの潜在意識 』

(下澤正幸 著・太陽出版)

「新・気功の達人」「決定版!気功の達人」(現代書林)

現代書林特別取材班が、全国の気功の達人を尋ね取材しまとめた本です。

全国の気功師の中から達人の1人として選ばれ、紹介されました。

 

シモザワ整体・先生ホームページはこちら↓

http://daichinome.jimdo.com/

 

北緯43度4分28秒 白くま先生のブログ

 ameblo.jp/shimozawaseitai

 

石の散歩道

http://sapporochitan.jimdo.com/

 

お問い合わせ   ☎011-665-7730

ウエルカム化石

 整体院の入り口にいる、ゴニアタイトと直角石。

京都旅行で出会ったモロッコ出身の、先生のお友達。

最近は、良い気を出してくれます。

 両手、両足の指を全部使っても足りない、太古の昔。こんな生き物で海が埋まっていたのですね。

気功施術中。

 気功教室に通っている、生徒さんのワンコ、ペロちゃんです。

 体が楽になるのがわかるようで、先生の顔を見ると、真っ先に走り寄ってきます。このワンちゃんとの付き合いは生後6ヶ月くらいからのお付き合いです。最近では、教室だけでは足りなく、私の自宅の中を激走していることも多い、とても仲良しです。 (ペットの施術はしておりません。)

カラスではありません。

黒いハトさんです。

和歌山駅でバスを待っていると、下澤先生の膝の上に、ハトさんが乗ってきました。

かわいかったので、アスパラガスをあげたところです。

シモザワ整体で犬の整体?

生徒さんのワンちゃんの施術を二人がかりで行いました。

 

生徒さん「散歩に行きたがらないんです。でも、連れて行くと帰り道は走るんですけどね…」

 

シモザワ先生「この子相当心臓悪いよ。生まれつきだね。散歩中に走るのは、体が辛いから走って早く帰ろうとしているんだよ。」という会話があり、シモザワ先生はこのワンちゃんの施術をしました。すぐに荒かった呼吸も穏やかになり、全体的に腫れていた体も小さくなりました。

「心臓を守るためにも、散歩の距離の半分以上は抱いてあげるように。今の体に心臓が慣れてきたら普通に散歩していいよ。」というシモザワ先生のアドバイスを守った飼い主さん。

 

この幸せそうなワンちゃんの顔を見て下さい。

この日の散歩の後も、苦しそうな様子もなく、とても元気に道場内を歩いていました。

 

               ⦅注意!ペットの施術は受け付けておりません⦆

ナデシコのお花が大好きです。
ナデシコのお花が大好きです。

札幌地質探究部 石の散歩道

 札幌地質探究部の、石の写真集を作成中です。札幌地質探究部のホームページでは紹介されていない石を中心に掲載しております。石の魅力を少しでも楽しむことが出来ましたら幸いです。

 石の写真集~石の散歩道へどうぞ!

(なぜ整体院のホームページの中に、岩石や鉱物を紹介するホームページがあるのか疑問に感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。たぶん、先生の趣味だと思われている方が多いのだろうと想像がつきますが、実は趣味ではありません。ではなにか健康に関係するのか、というところになるかもしれません。答えはyesでもありnoでもあります。ここで、正しい解答はあえていたしません。つまりyesにするかnoにするかは、皆様の知恵の中におさめておきます。)

 

 

http://sapporochitan.jimdo.com/

【下澤正幸先生の写真】

《イタリア・コルティナダンペッツォ ホテルの窓から》

《ちょっとほりが深いスイスのすずめさん》

《スイス マッターホルンは最高!》

《スイスマッターホルンの日の出》